【合格体験記2022】過去問演習で弱点が明確化!効率的に受験勉強【岐阜大学 医学部 医学科合格】

岐阜大学 医学部 医学科合格!
山田 喜暉くん
【岐阜高校】


僕は高校生活で、部活動の水泳に力を入れ部活引退後から東進に入ったので、他の受験生と比べると残された時間が少なかったです。しかし、過去問演習とその解説を通して、自分の弱点が明確になり、より効率的に学習を進められました。特に理科系は、最初のころは苦手とし思うように点数が取れなかったけれど、過去問演習講座で学んだことを生かして、共通テスト本番ではとてもよい点数を取ることができました。この過去問演習講座では、問題とその解説を活用するのはもちろんのこと、各教科の全体概要を見て理解し、どのような力が求められ、どのような学習をするべきなのかを自分の中でまとめることが大切だと思います。

東進のおすすめ

過去問演習講座

担任指導

実力講師陣

おすすめの講座

過去問演習講座 大学入学共通テスト対策

おすすめの模試

共通テスト本番レベル模試

月に一度ぐらいの頻度で行われるので、自分の実力を定期的に測ることができるのでよかった。模試を受けた後にしっかりと復習することで、類似した問題に対処できるので、たとえ点数が良くなくても成長できるとプラスに捉えられた。

担任の先生の指導で印象に残っていることを教えてください。

模試後の面談では、模試の点数を踏まえたうえでアドバイスや励ましの言葉をいただけたのでモチベーションの維持につながった。また、各科目の具体的な勉強法も教えていただけたのでありがたかった。

部活や学校行事と勉強の両立法を教えて下さい。

僕は、中学、高校の6年間、水泳を選手としてやってきて、感謝の気持ちの大切さを学んだ。普段何気なく生活している中でも、その生活の中には多くの方々の支えがあり、そのすべてが大切なもので欠けてはいけないものだということを実感した。勉強面でもこの気持ちを忘れずに、勉強できることに感謝をし、謙虚な姿勢を忘れずに勉強することができた。

辛かった時期やスランプはどのように乗り越えましたか?

勉強しても模試の点数が思ったより取れない時期は、やはり辛かった。そのようなときは、模試で間違えた部分を分析して、次に同じような問題が出題されたら確実に解けるという自信をつけた。また、問題を解く際の時間配分や解く順番も見直して試していくことで、点数が取れるようになった。

+1