水曜日のダウンタウンとサンプリング (後編)

どうも森です。

誰も待っていないかもしれませんが、お待たせしました。後編です。

読んでいない方のために前編をおさらいすると、現在入手困難な水曜日のダウンタウンのメインテーマ音源はさまざまなクリエイターを経て作られたもので、その源流は今田耕司まで遡ることができる、という話でした。前編の全文はこちら

GEISHA GIRLS

察しの良い読者はお気づきかもしれませんが、今田耕司のブロウヤマインドも、実はサンプリングで作られた楽曲です。

サンプリング元は "GEISHA GIRLS"の『Blow Your Mind - 森オッサン チョイチョイ キリキリまい』です。ふざけたタイトルですね。

GEISHA GIRLSは、ダウンタウンの2人、松本人志と浜田雅功を坂本龍一、小室哲哉などらがプロデュースするという、非常に面白いヒップホップユニットです。

ということで、なんと水星をたどってダウンタウンに行きつきました。もう水星は原型をとどめていません。

まとめると、GEISHA GIRLS(ダウンタウン)の楽曲をサンプリングしてブロウヤマインドが作られ、さらにサンプリングされヒット曲水星が生まれた。そしてそれを、水曜日のダウンタウンの音楽を手がけるPUNPEEがRemixして現在番組のメインテーマとなっている、です。

元ネタのダウンタウンを掛けているのは言わずもがなですが、水曜日水星もおそらくかかっているのではないかと思います。何ともおしゃれで、原点回帰的ですね。以上が水ダウメインテーマとサンプリングにまつわるエピソードになります。


このように、HIPHOPでは盛んに見られるサンプリングですが、音楽の持つ文脈に深みが出る感じがして僕は好きです。

ちなみにPUNPEEを水ダウの音楽担当に抜擢したTBSの鬼才プロデューサー、藤井健太郎もかなり面白い人物なのですが、それはまた別の記事で書こうと思います。

おすすめサンプリング楽曲

ここから、サンプリングを用いて作られたおすすめの曲を6つ紹介します。

ジブリのビートに乗せて。Lil B の「Gon Be Okay」(2011)

日本人なら多くの人がイントロを聞いただけでわかると思いますが、「千と千尋の神隠し」のサントラ、久石譲あの夏へがガッツリ使われています。日本のアニメは人気なので海外のラッパーはよく引用しているイメージがあります。

驚きのサンプリング手法。Daft Punk「One More Time」(2000)

松本零士の絵がかわいい

Daft Punkは知らなくてもこの曲は聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。実はこの曲は、「Eddie Johns - More Spell on You (1979)」をサンプリングしています。

Twitterで話題になっていた以下の動画を観て知ったのですが、とんでもないセンスだと思いました。

松たか子様が降臨。STUTS & 松たか子 with 3exes - Presence Remix (2021)

2021年4月から6月までフジテレビ系で放送されていた大豆田とわ子と三人の元夫の主題歌のRemix版です。主題歌とエンディング映像が毎回変わり、主題歌「Presence」に、松のヴォーカルに加えて毎回違うゲストラッパーと、その週のエピソードの中心となるとわ子の元夫を演じる岡田将生、角田晃広、松田龍平らがそれぞれ参加してラップを披露する映像が流れる形で話題になっていました。

この曲はドラマ放送終了後にリリースされたアルバムに収録されているのですが、KID FRESINOの小節(4:05あたり)を聞いている時、ラストに聞き覚えのあるフレーズが。

少し暇そうにしてる君を連れ出したい

STUTS & 松たか子 with 3exes - Presence Remix feat. T-Pablow, Daichi Yamamoto, NENE, BIM, KID FRESINO

tofubeats「NO.1 feat. G.RINA」からの引用です。作中のヒロインのとわ子がNO.1… という意味かと僕は思いました。

あの鬱陶しい広告をサンプリング。TOFU「眠れない夜」(2021)

イントロで笑ったのはこの曲が初めてかもしれません。

和歌山出身、米屋の次男として生まれた18歳のルーキーTOFUの楽曲です。YouTube広告では「眠れるまで、私とお話ししていきませんか?」でお馴染みの配信アプリSpoonの広告BGMをサンプリングしています。そしてタイトルが「眠れない夜」。おしゃれですね。

マライア・キャリーをHIPHOPにアレンジ!Mall Boyz「Cool running feat. SEEDA」(2019)

彗星のごとく登場し、独創的なスタイルで2019のJ-HIPHOPシーンを席巻した2人の新鋭ラッパーTohji & gummyboyを擁するMall Boyz。J-HIPHOP界の重鎮SEEDAを客演に迎えたこの曲、絶妙なダサさと古臭いMVが最高です。そしてこのビートはグラミーにもノミネートされた、マライアキャリーのAlways Be My Baby(1995)を早回ししています。

原曲も僕はとても好きです。失恋から立ち直る女の子の歌だそうです。

KIRINJIの名曲からの引用。空音 - Hug feat. kojikoji (2019)

TikTokで聞いたことのある方も多いのではないでしょうか。気鋭のエモラッパー空音とInstagramでの弾き語り動画で人気に火がついたkojikojiとのヒットチューンです。この曲は2番の

まるで僕らはエイリアン

空音 - Hug feat. kojikoji

という歌詞がサンプリングとなっています。原曲はKirinjiエイリアンズ。アルバムバージョンではここの歌詞は変更されていたので権利関係で揉めたのでしょうか... 想像してしまいますね。


こめられた意味を考えたり、懐かしむことができたり、改めてサンプリングは素晴らしい文化だな、と思いました。では、次回の記事でお会いしましょう。ピース✌️

+2